思い出しぶきも 乾かぬままに
大町までの なごり旅
川に舞い散る 谷間のさくら
泣くには明るい 夕月ひとつ
忘れたつもりの 男(ひと)だもの
あぁ大糸線は 冷える肩先 抱いて行く
翡翠(ヒスイ)の大川 見下ろしながら  
信濃路めざす ひとり旅
忘れたいのに あなたの声が
わたしを呼ぶよな 緑の木立
吹雪が奪った 恋だもの
あぁ大糸線は 後ろ髪引く 風ばかり
姫川温泉 行き過ぎるとき
涙がひざを 濡らします
そうよ夢中で 愛したものを
あなたの重荷に なるとも知らず
真冬にひらいた 花でした  
あぁ大糸線は 他人に云えない 恋形見(かたみ)
群馬の演歌おやじ

ど素人の作曲、編曲です。歌詞の事は良く解りません、漢字が読めないし
読めても意味が理解できませんです。、

英語も極少しは読めるような事も有るんですが、意味はマッタク解りマセ・・・ン!

文句の言いたい方は下記へどうぞ!
090-3319-6385 本人が直接出ます。


電話占い
今日占い 昨日カウンター

めろ入り   からおけ  楽譜
ファイル更新日10/29(月)更新日の確認 

唄: 越中まいど
唄: 山田 さだし
唄: 筋田 洋明       HP
唄: 戸高 登         HP
唄: 江木えきひと
唄: 小林 進         HP
唄: 榛名津あき       HP
唄: 橋永いさむ       HP
唄: 群馬のオヤジ      HP
 作詞:八代みどり
 作曲:市川龍之介
 編曲:市川龍之介 
   掲示板

♪あぁ大糸線
掲載日07/10/29(月(土)