暖簾が縁で 知り合った  
十五も年上(うえ)で 着物が似合う
四十路半ばで 独りの暮らし
明日が見えない 寂しいと
お国訛りも 心に残る
一目惚れした 津軽の女

湯煙あがる 旅の宿
窓辺に光る ホタルが二つ
女房(にょうぼ)子供を ひたすら隠し
逢瀬重ねて 早や三月
貴方これから 私のものね
雪の肌した 津軽の女   


明け方着いた 北の駅
乗り合いバスで りんごの里へ
見てよ私の 生まれた村よ
浮世しがらみ みな捨てて
此処で一緒に 暮らしてみたい
別れられない 津軽の女


群馬の演歌おやじ

作曲は分かりませんが、編曲はど素人の編曲です。歌詞の事は良く解りません、漢字が読めないし
読めても意味が理解できませんです。、

英語も極少しは読めるような事も有るんですが、意味はマッタク解りマセ・・・ン!

文句の言いたい方は下記へどうぞ!
090-3319-6385 本人が直接出ます。


電話占い
今日占い 昨日カウンター

めろ入り   からおけ   楽譜
ファイル更新日03/22(木)更新日を確認して下さい 

唄: 大谷清光
唄: 越中 まいど
唄: 山田 さだし
唄: 筋田 洋明       HP
唄: 戸高 登         HP
唄: 小林 進         HP
唄: 榛名津あき       HP    VC
唄: 橋永いさむ       HP
唄: 群馬のオヤジ      HP    VC
作詞: 橋永 勇
作曲: 市川 龍之介
編曲: 市川 龍之介 
   掲示板

♪津軽の女
掲載日07/03/22(木)