明日のことさえ 見えないけれど 
いい日もくるだろ そのうちきっと
生きる苦労は 苦労といわぬ
おまえと死ぬまで 一緒じゃないか  
しぶきも昏(くら)い  屋台舟
灯して行こうぜ ふたりの星を

雨の路地裏 情けの川に
今夜も棹さす 屋台の小舟
辛いだろうが 辛抱しろよ
おまえがいてこそ ここまでこれた
涙に咲いた 俺の花
散らしはしないさ  憂き世の風に


俺が甲斐性 ないばっかりに
なりふりかまわぬ 不憫なおまえ
せめて今夜は 昔のように  
得意なあの唄 聞かせておくれ
振り向くたびに 遠くなる
菜の花 夕月 故郷の小川


群馬の演歌おやじ

ど素人の作曲、編曲です。歌詞の事は良く解りません、漢字が読めないし
読めても意味が理解できませんです。、

英語も極少しは読めるような事も有るんですが、意味はマッタク解りマセ・・・ン!

文句の言いたい方は下記へどうぞ!
0274-50-6005 本人が直接出ます。


電話占い
今日占い 昨日カウンター

めろ入り   からおけ   楽譜 
ファイル更新日01/27(土)更新日を確認して下さい 

唄: 演歌男宿
唄: 江木えきひと
唄: 筋田 洋明       HP
唄: 戸高 登         HP
唄: 小林 進         HP
唄: 榛名津あき       HP
唄: 橋永いさむ       HP
唄: 群馬のオヤジ      HP 
作詞: 八代みどり
作曲: 市川 龍之介
編曲: 市川 龍之介 
   掲示板

♪屋 台 舟
掲載日07/01/27(土)