川をつたって 吹く風に
咽せてはかない 白い花
いのち短い 恋だけど
信じるこころが こころがある限り
夢がふるふる 星月夜


露地の日暮れに ひっそりと
咲いてせつない 白い花
待っていますの ひとことを
いまさら悔やんで 悔やんでいないのに
胸にしみます 街あかり


いつも綺麗で いたいから
鏡ひらいて 紅を引く
女ごころの さびしさを
夕立ながして ながして欲しいのに
梳(と)かす髪さえ 泪いろ


ど素人の作曲、編曲です。歌詞の事は良く解りません、漢字が読めないし
読めても意味が理解できませんです。

英語も極少しは読めるような事も有るんですが、意味はマッタク解りマセ・・・ン!

文句の言いたい方は下記へどうぞ!
0274−50−6005 本人が直接出ます。


電話占い
今日占い 昨日カウンター

めろ入り   からおけ   楽譜 
ファイル更新日08/26(土)更新日を確認して下さい 

唄: 演歌男宿
唄: 筋田 洋明       HP 
唄: 戸高 登         HP
唄: 小林 進         HP
唄: 榛名津あき       HP
唄: 群馬のオヤジ      HP
作詞: 八代みどり
作曲: 市川 龍之介
編曲: 市川 龍之介 
   掲示板

♪夕顔(ゆうがお)
更新日08/26(土)